ニュース

                          新宮市で地産地消型バイオマス発電、ガス化方式で

                          2019/04/17 15:20
                          工藤宗介=技術ライター
                          印刷用ページ
                          新宮プラントの完成イメージ
                          (出所:5社共同のプレスリリース)
                          クリック?#24037;毪?#25313;大した画像が開きます

                           NTTファシリティーズ、モリショウ(大分県日田市)、TJグループホールディングス(大阪府大東市)、前田商行(三重県紀宝町)の4社は、和歌山県新宮市で開発中のバイオマス発電事業「新宮プラン?#21462;工?#21442;画?#24037;搿?月10日に発表した。

                           同発電事業は、フォレストエナジー(東京都品川区)が開発し?#30382;俊?#21516;社は、地域資源を活用した地産地消型バイオマス発電の企画?運営を手掛け?#30382;い毪趣いΑ?

                           新宮プラントは、紀南地域の未利用材を用いた年間約2万tの木質チップを燃料に、出力約1.8MWの電力と約3.8MWの熱を供給?#24037;搿?#24180;間発電量は3900世帯分に相当?#24037;?#32004;1428万kWhを見込む。

                           熱分解ガス化の工程により木質チップを可燃性ガ?#24037;?#36578;換し、ガスエンジン発電機で電気を生み出す。ガス化設備はオーストリアSyncraft Engineering製を採用した。同社製品は、発電効率29%で、排熱回収を含めた総合熱効率は85%に達?#24037;毪趣いΑ?#27193;皮を含む原木を丸ごと燃料に使用できるなどの特徴を持つ。

                           フォレストエナジーと4社は、事業主体である新宮フォレストエナジー合同会社に出資?#24037;搿TTファシリティーズは、再エネの普及拡大や地産地消エネルギーネットワークづくりなどを手掛ける。モリショウとTJグループは、それぞれバイオマス燃料の製造?発電などの木質資源の有効利用に取り組んでいる。前田商行は、和歌山県?三重県?奈良県を拠点と?#24037;?#26519;業会社。

                           資金調達につい?#30382;稀?#32000;陽銀行をアレンジャー兼エージェントとし、第三銀行と百五銀行が参加?#24037;毳抓恁弗Д去榨ˉぅ圣螗工摔瑜毳伐螗弗暴`トローンを組成?#24037;搿?#34701;資額は約27億円。トランザクションカウンセルは、ベーカー&マッケンジー法律事務所が担当?#24037;搿?020年12月の稼働開始を目指す。

                        1. 記事ランキング

                            新疆11选5选号技巧