用語

                          アモルファスシリコン太陽電池とは

                          アモルファスシリコンタイヨウデンチ

                          2013/10/23 10:24
                          印刷用ページ
                          ドイ?#33180;?#35373;置された三菱重工業のアモルファスシリコン太陽電池(出所:三菱重工業)
                          ドイ?#33180;?#35373;置された三菱重工業のアモルファスシリコン太陽電池(出所:三菱重工業)
                          [クリック?#24037;毪?#25313;大した画像が開きます]

                           アモルファス(非晶質)シリコンをガラス基板の上に真空蒸着させ、薄いシリコン層を形成させて製造?#24037;?#34180;膜型の太陽電池。薄膜型には、シリコンのほか、CIS太陽電池のようなシリコン以外の複数の半導体原料を?#24037;?#21270;合物系も含まれる。

                           アモルファスシリコン太陽電池は、結晶シリコン太陽電池に比べ、シリコン原料が大幅に少なくて済み、薄膜製法は量産効果によって大幅なコストダウンが可能になる。だが、10%に満たない変換効率の低さが課題になっている。そこで、変換効率を高める技術として、多層化が進んでいる。アモルファスシリコン層と微結晶シリコン層の2重構造にした「微結晶タンデム型アモルファスシリコン太陽電池?#24037;扦稀?#38651;気に変換できる光の波長が広がる効果で変換効率は10%を超えるようになった。さらに2層のアモルファスシリコン層と微結晶シリコン層の3重構造にして、電圧を上げることで電力ロ?#24037;?#28187;らした「トリプル型アモルファスシリコン太陽電池?#24037;扦悉丹槨?#21177;率が上がる。ちなみにパナソニックの「HIT太陽電池?#24037;稀ⅴⅴ猊毳榨ˉ攻伐轔償?#22826;陽電池と結晶シリコン太陽電池のハイブリッド型だ。

                           薄膜型太陽電池は、1回の真空蒸着工程で生産?#24037;毳靴庭?#38754;積が大きいほど生産性が上がってコストが下がる。だが、大面積化?#24037;毪?#27497;留まりが下がりや?#24037;ぁ?重や3重構造に?#24037;毪取?#34180;膜工程を繰り返?#24037;長趣摔勝毪韋恰ⅳ丹槨?#27497;留まりが下がる。アモルファスシリコン太陽電池が、期待されたほどの競争力を実現できないていないのは、こうした背景がある。

                        1. 記事ランキング

                            新疆11选5选号技巧